濱口桂一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

濱口 桂一郎(はまぐち けいいちろう、1958年10月17日[1] - )は、日本の労働官僚労働研究者。元厚生労働省(旧労働省)の官僚。労働政策研究・研修機構労働政策研究所長。専門は労働法政策[2]

人物[編集]

大阪府出身[3]。労働政策を主に扱うブログ[4]を運営しており、hamachanのニックネームで知られる。

経歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1983年4月 - 労働省入省、大臣官房総務課
  • 1984年4月 - 東京都労働経済局職業安定部職業課
  • 1984年7月 - 池袋公共職業安定所
  • 1985年4月 - 労働省職業安定局高齢者対策部企画課
  • 1987年2月 - 労働省国鉄・地域雇用対策室地域動向分析係長
  • 1989年5月 - 労働省労政局労働法規課法規第一係長
  • 1991年5月 - 労働省労働基準局賃金時間部労働時間課長補佐
  • 1992年4月 - 福井労働基準局監督課長
  • 1993年7月 - 労働省職業安定局高齢・障害者対策部企画課長補佐
  • 1995年4月 - 欧州連合日本政府代表部一等書記官
  • 1998年5月 - 埼玉県労働商工部職業安定課長
  • 1999年8月 - 労働福祉事業団総務部総務課長
  • 2001年1月 - 衆議院調査局厚生労働調査室次席調査員
  • 2003年7月 - 東京大学大学院法学政治学研究科附属比較法政国際センター客員教授
  • 2005年7月 - 政策研究大学院大学教授
  • 2008年7月 - 厚生労働省大臣官房付
  • 2008年8月 - 労働政策研究・研修機構労使関係・労使コミュニケーション部門統括研究員
  • 2013年7月 - 厚生労働省大臣官房付、同省退職、労働政策研究・研修機構客員研究員
  • 2013年9月 - 労働政策研究・研修機構労使関係部門統括研究員
  • 2017年4月 - 労働政策研究・研修機構労働政策研究所長[2]

研究テーマ[編集]

所属学会[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『EU労働法の形成――欧州社会モデルに未来はあるか?』日本労働研究機構、1998年、増補版2001年
  • 『労働法政策』ミネルヴァ書房、2004年
  • 『新しい労働社会――雇用システムの再構築へ』岩波新書、2009年
  • 『日本の雇用と労働法』日経文庫、2011年
  • 『日本の雇用終了――労働局あっせん事例から』労働政策研究・研修機構、2012年
  • 『若者と労働――「入社」の仕組みから解きほぐす』中公新書ラクレ、2013年
  • 『日本の雇用と中高年』ちくま新書、2014年
  • 『働く女子の運命』文春新書、2015年
  • 『日本の雇用紛争』労働政策研究・研修機構、2016年(2012年の全面改訂版)

編著[編集]

  • 『福祉と労働・雇用』(福祉+α)ミネルヴァ書房、2013年

訳書[編集]

  • ロジェ・ブランパン著『ヨーロッパ労働法』信山社、2003年(小宮文人共監訳)
  • 『EU労働法全書』旬報社、2005年(小宮文人共訳)
  • OECD編著『世界の高齢化と雇用政策――エイジ・フレンドリーな政策による就業機会の拡大に向けて』明石書店、2006年
  • OECD編著『日本の若者と雇用――OECD若年者雇用レビュー:日本』明石書店、2010年(監訳、中島ゆり訳)
  • OECD編著『日本の労働市場改革――OECDアクティベーション政策レビュー:日本』明石書店、2011年
  • OECD編著『世界の若者と雇用――学校から職業への移行を支援する』明石書店、2011年(監訳、中島ゆり訳)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.337
  2. ^ a b c d 濱口桂一郎:研究員プロフィール|労働政策研究・研修機構(JILPT)
  3. ^ 日本経済新聞出版社
  4. ^ hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳)

外部リンク[編集]