漁業気象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

漁業気象(ぎょぎょうきしょう)とは操業している漁船が必要とする気象観測及び気象通報水産気象(すいさんきしょう)ともいう。

概要[編集]

漁獲量は天気によって大きな影響を受けるほか、漁船も船体着氷や流氷により転覆したり、暴風に遭遇し、海難事故が起きる可能性がある。そのため、効率のいい漁業を行い、かつ海難事故を防止する観点から、漁業では気象が非常に重要視されており、特に水温気圧前線の動向が重要視されている。なお、日本においては日本放送協会(NHK)が1日に1回、漁船用に漁業気象通報を放送している。民放のラジオ局などではスポットで「海の天気予報」などの名称で放送しているケースがある。[1]

参考資料[編集]

出典[編集]

  1. ^ JFマリンバンク海の天気予報

関連項目[編集]