滝里トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

滝里トンネル(たきさととんねる)は北海道芦別市滝里町と同市芦別を結ぶ北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の鉄道トンネルであり、野花南駅島ノ下信号場(旧・島ノ下駅)の間に位置している。

滝里ダム建設によってそれまでの空知川沿いのルートから山側のルートに切り替わるため、1991年(平成3年)10月22日の新ルート開通に伴い開通した。長さは5,595mで、同線のトンネルでは新狩勝トンネルに次いで2番目に長い。また、同トンネルの島ノ下寄りは短いスノーシェルターに続いて島ノ下トンネル(2,839m)が控えている。

関連項目[編集]

座標: 北緯43度25分23.7秒 東経142度18分25.2秒