滝口武者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
滝口の武士から転送)
移動先: 案内検索

滝口武者(たきぐちのむしゃ)は、9世紀末頃から蔵人所の下で内裏の警護にあたっていた武士滝口の武士ともいう。

歴史[編集]

京都御所で復元された滝口

9世紀、内裏の警護にあたっていたのは近衛府だったが、桓武天皇の子である平城天皇(上皇)と嵯峨天皇兄弟の対立による薬子の変を契機に、新たに設置された蔵人所が、9世紀末、宇多天皇寛平年中(889年 - 897年)から管轄するようになる。

その蔵人所の元で、天皇の在所・清涼殿の殿上の間には官位四位・五位の殿上人が交代で宿直する。 一方、庭を警護する兵士は清涼殿東庭北東の「滝口」と呼ばれる御溝水(みかわみず)の落ち口近くにある渡り廊を詰め所にして宿直したことから、清涼殿警護の武者を「滝口」と呼ぶ様になる。またこの詰め所は「滝口陣(たきぐちのじん)」などと呼ばれる。

なお、蔵人所は律令制では定められていなかった役職(令外官)のため、滝口それ自体も官職ではない。平安時代10世紀の京では兵仗(武器)特に弓箭(弓矢)を帯びることは正規の武官以外には許されていなかったが、『日本略記』によると貞元2年(977年)11月9日に「滝口の武者」が弓箭を帯びて宮中に出入りすることが許されている。これによって「滝口の武者」は朝廷が公式に認める「武士」となり、それを勤めて実績を積み、六位程度の六衛府の武官を目指すのが平安時代後期の武士の姿だった。

滝口の任命は、天皇即位のときに摂関家公家らが家人)の中から射芸に長じた者を推挙する。平将門も当時左大臣だった藤原忠平の家人として仕え、その推挙により滝口となり、滝口小二郎と名乗っていた。定員は当初の宇多天皇の頃で10名、寛和元年(985年)に藤原実資藤原貞正含めた5人を推挙し在来の10名から5名増員(『小右記』の寛和元年六月二十二日より)、白河天皇の頃には30名ほどだった。

主な滝口の武士たち[編集]

出典[編集]

  • 保元物語
    「山内首藤刑部丞俊通、その子滝口俊綱」や「草刈部十郎太夫定直、(蓮池)滝口家綱、同滝口太郎家次」などの記述が見られる。
  • 源氏物語』「夕顔」巻(紫式部
    この、かう申す者は、滝口なりければ、弓弦いとつきづきしくうち鳴らして、「火あやふし」と言ふ言ふ、預りが曹司の方に去ぬなり。内裏を思しやりて、名対面は過ぎぬらむ、滝口の宿直奏し、今こそ」と、推し量りたまふは、まだ、いたう更けぬにこそは。

関連項目[編集]