源氏山祐蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

源氏山 祐蔵(げんじやま ゆうぞう、1914年1月18日 - 没年未詳[1])は、鹿児島県姶良郡隼人町(現在の霧島市)出身で1930年代に活躍した大相撲力士である。本名は松山 祐三(旧姓:仮屋)。身長185cm、体重105kg。最高位は西前頭15枚目(1938年5月場所)。

来歴[編集]

同郷の横綱西ノ海嘉治郎の経営する浅香山部屋に入門、1929年5月場所に初土俵を踏んだ。体格もよく、最初から師匠の若いころの名乗りの源氏山を名乗った。しかし、幕下にいた1933年7月、師匠が亡くなったので、本家の井筒部屋に移籍した。1935年1月場所に新十両を果たした。入門が若かったので、まだ20歳であった。

十両が長く、1938年5月に入幕を果たしたが、1勝12敗と大負けしてすぐに陥落、結局この場所の西前頭15枚目が最高位となった。その後、1940年1月場所に再入幕したが、ここでも5勝10敗と負け越して十両に陥落、1941年1月、全休して引退した。

引退後は年寄浅香山を襲名したが、1942年5月場所限りで廃業した。その後は一時期満洲に渡っていた。

主な成績[編集]

  • 幕内在位 2場所
  • 幕内成績 6勝22敗

四股名変遷[編集]

  • 源氏山 祐藏(げんじやま ゆうぞう)1929年5月場所 - 1939年5月場所
  • 源氏山 力三郎(- りきさぶろう)1940年1月場所 - 1941年1月場所

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ ただし、1986年1月刊行の小池謙二著『全幕内力士個人別大相撲星取大鑑昭和編第2巻』によれば、「東京に健在」とある