源師季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
源師季
時代 鎌倉時代初期
生誕 寿永4年(1188年
死没 寛元元年(1243年)以降
官位 正三位侍従周防権守
主君 後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇四条天皇後嵯峨天皇
氏族 村上源氏雅兼
父母 父:源定忠、母:大納言藤原定能の娘
源師成源師行源季方
テンプレートを表示

源師季(みなもと の もろすえ)は鎌倉時代初期の公卿。正三位侍従周防権守。右大臣源雅定の養子となった源定房の子である右少将源定忠の子。母は大納言藤原定能の娘。子には源師成源師行源季方。『尊卑分脈』には「赤松流」と注釈があり、その子孫として赤松家範則村へと系譜が引かれている[1]ことから、播磨守護大名となった赤松一族の祖とする説がある。

経歴[編集]

以下、『公卿補任』、『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

建久9年(1198年)1月6日、叙爵[2]正治元年(1199年)12月9日、侍従に任ぜられる。建仁3年(1203年)4月25日、近江守に任ぜられるが、同年10月24日には近江守を止める。同日、従五位上に昇叙。元久2年(1205年)1月20日、右少将に任ぜられるが同年10月に解任される。承元3年(1209年)4月14日、右少将に還任。建暦元年(1211年)1月14日、備中権介を兼ねる。建暦2年(1212年)4月9日、正五位下に昇叙。建保2年(1214年)1月5日、従四位下に昇叙。建保5年(1217年)1月28日、左少将に転任。建保6年(1218年)1月13日、播磨介を兼ねる。承久元年(1219年)1月5日、従四位上に昇叙[3]。同月22日、左中将に転任。承久3年(1221年)1月13日、正四位下に昇叙。嘉禄元年(1225年)1月23日、美作介を兼ねる。

貞永元年(1232年)1月30日、従三位に叙せられる。嘉禎2年(1236年)2月30日、侍従に任ぜられる。暦仁元年(1238年)11月23日、正三位に昇叙。仁治元年(1240年)1月22日、周防権守を兼ねる。寛元元年(1243年)、出家または薨去か[4]

脚注[編集]

  1. ^ 『尊卑分脈』第十四巻 (吉川弘文館 故実叢書 1904, 十四巻-四九頁、近代デジタルライブラリー)
  2. ^ 八条院臨時内給。
  3. ^ 宣陽門院御給。
  4. ^ 寛元2年(1244年)以降、『公卿補任』に師季の名が見えない。

参考文献[編集]