満月英世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
まんげつ ひでよ
満月 英世
生年月日 (1942-09-25) 1942年9月25日(76歳)
出生地 日本の旗 日本, 神奈川県茅ヶ崎市
職業 俳優スーツアクター
著名な家族 小飯塚貴世江[1]
主な作品
ウルトラマン】第12話ミイラ人間

満月 英世(まんげつ ひでよ、1942年9月25日[1] - )は、日本の元俳優スーツアクター神奈川県茅ヶ崎市出身[1]

来歴・人物[編集]

時代劇に憧れて上京し、八芸プロに参加[1]。芸名は八芸プロの渡辺白洋児に付けられた[1]。「英世」は東宝の俳優天本英世から取られており、渡辺が天本に許可を取っている[1]。満月自身は特に天本に憧れていたなどということはないが、会話をしたことはあった[1]。『ウルトラマン』では怪人・ミイラ人間のスーツアクターとして出演した。ミイラ人間以前にも怪獣ショーで1度だけ怪獣を演じており、どんな怪獣かは覚えていないが辛かったことは覚えているという[1]。だがミイラ人間役はぬいぐるみを頭に被るだけで、体も包帯を巻いているだけだから務まるだろうと受けた[1]。その後はショーにおける苦しさから懲り、怪獣を演じることはなかった[1]。事務所にも仕事を回さないよう頼んだ気がすると語っている[1]。1970年ごろ、家業を継ぐために引退した[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 『別冊映画秘宝 特撮秘宝 Vol.3』225 - 228頁。