湘軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

湘軍(しょうぐん)は、末の湖南地方の軍の呼称で、湘勇ともいう。太平天国の乱を清朝の正規軍(八旗緑営)は鎮圧できず、やむを得ず清朝政府の命により各地の郷紳に臨時の軍隊を組織させた。これを郷勇と呼び湘軍はそのひとつであった。

活動[編集]

湖南省湘郷の郷紳曽国藩が湘軍の創始者である。曽国藩は湖南省の各地の団練(地方の有力者が自主的に自衛のためにつくった民兵組織)をまとめて湘軍を結成した。咸豊4年(1854年)当時は陸軍13営6千5百人、水軍10営5千人であったが、同治3年(1864年)に太平天国を滅亡させた時には12万人まで膨れ上がっていた。清朝の満州族貴族の中には地方の漢人が武装することに不信感を抱く者もいたが、太平天国の乱の鎮圧のために湘軍を重用せざるをえなかった。同治元年(1862年)には安徽省で曽国藩の弟子の李鴻章淮軍を創設しており、湘軍と同様に団練をもとに一部湘軍から編入部隊を足して創設された。

曽国藩は太平天国滅亡後、清朝からの疑惑を恐れて湘軍を解散した。全国各地の人材が曽国藩の麾下の湘軍に投じ、その幕僚は300~400以上に上った。後にこれらの将帥や幕僚で総督になった者は15人、巡撫になった者は14人、その他の文武官も多数にのぼる。この湘軍出身者が洋務運動で大きな役割を果たすことになった。湘軍は清王朝を救ったが、漢人が政界の中心に進出するきっかけを作ったのである。

なお湘軍解散後、哥老会英語版に参加した将兵が多数いたという。

主な人物[編集]

その他、徐寿李善蘭華蘅芳などの科学者たちも曽国藩に協力している。

関連項目[編集]