丁日昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丁 日昌(てい じつしょう、Ding Richang1823年 - 1882年)は、末の軍人・官僚。字は禹生または雨生、号は持静洋務運動の中心人物の1人。広東省豊順出身。

20歳で秀才となり、郷試には合格しなかったが、恵潮嘉道の李璋煜が記述文章を見て幕僚に招聘した。咸豊4年(1854年)、太平天国軍が潮州を攻撃したが計略で撃退に成功した。咸豊7年(1857年)に軍功で瓊州府学訓導に任命され、次いで江西省廬陵の知県になるが、太平天国軍の攻撃を受けて陥落し、免職となった。咸豊11年(1861年)から湘軍を率いる曽国藩の幕僚となって水軍の準備に協力した。

同治3年(1864年)に蘇淞太兵備道に、翌4年(1865年)には両淮塩運使に就任した。同治6年(1867年)には江蘇布政使、江蘇巡撫に昇進、光緒元年(1875年)に福州船政大臣・福建巡撫となった。在任中には北洋南洋・東洋の3つの海軍を建設して分担して国防に当たることを主張し、外国人を招いて技術指導にあたらせた。翌2年(1876年)に台湾で炭鉱を開き、中国で初めての電線を引いている。また『海難救護章程』を制定した。

光緒3年(1877年)に病で故郷に帰ったが、翌4年(1878年)には南洋艦隊の指揮を命じられて、総理各国事務衙門大臣も兼任した。政務の余暇には読書を好み、蔵書家としても知られた。

政策[編集]

  • 実業:海運事業の創始。江南機器製造総局の創設。開平煤砿(現在の唐山市)と輪船招商局の開設。台湾での炭鉱開山、鉄道建設、電線架設、造船産業育成、土地開墾。
  • 軍事:北洋・東洋・南洋の2艦隊の創設を提言。
  • 外交:主権の保持と利権の回収。
  • 内政:汚職の厳禁、雑税の整理、治水事業などを提言。
  • 華僑:外国人が中国人を騙して出国させることの禁止、市舶司を創設して海外の華僑の管理を提言。
  • 教育:科挙の改革を提言。アメリカへの児童の留学を推進。船政学堂の優等生をヨーロッパに派遣。西洋の科学技術書の翻訳を推進。

著作[編集]

  • 『丁禹生政書』
  • 『撫呉公犢』
  • 『百蘭山館詩集』
  • 『百蘭山館政書』
  • 『持静斎書目』
先代:
郭柏蔭
江蘇巡撫
1867年 - 1870年
次代:
張之万
先代:
王凱泰
福建巡撫
1875年 - 1877年
次代:
葆亨