彭玉麟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

彭 玉麟(ほう ぎょくりん、Peng Yulin1816年 - 1890年)、字は雪琴は、湘軍の指揮官。

安徽省安慶出身。1832年、父に従って本籍の湖南省衡陽に戻る。太平天国軍が湖南省に進出すると団練を組織した。1853年曽国藩が湘軍水師を創設すると、水師提督に任命され、楊岳斌とともに水軍を率いて太平天国との戦いに当たり、長江沿岸を転戦した。1861年、広東布政使に抜擢された。さらに安徽巡撫に指名され袁甲三の軍務を補佐するように命ぜられたが、水軍の指揮が専門であるからと固辞し、改めて水師提督に任ぜられた。1862年、兵部右侍郎となり、水軍を率いて南京を包囲する曽国荃を補佐した。1868年に曽国藩とともに長江水師営制を上奏し、防衛体制の策定を訴えた。翌年に郷里に戻るが、1872年から長江水師の巡閲を命じられ、毎年巡閲を行った。1883年、兵部尚書に抜擢された。清仏戦争の際には広東省の防衛に派遣されたが、病のために辞職した。死後、剛直の諡号を贈られた。

軍務の余暇によく絵画と詩文をたしなんだ。彼の詩は後に『彭剛直詩集』としてまとめられた。

先代:
李続宜
安徽巡撫
1861
次代:
李続宜
先代:
呉棠
漕運総督
1865
次代:
呉棠
先代:
劉坤一
両江総督
1881
次代:
左宗棠
先代:
張之万
兵部漢尚書
1883-1888
次代:
許庚身