渡邊忠司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊忠司(わたなべ ただし、1947年 - )は、日本の歴史学者佛教大学歴史学部歴史学科教授。専門は日本近世史・日本経済史愛媛県出身。

略歴[編集]

  • 1970年 大阪経済大学経済学部経済学科卒業
  • 1972年 大阪経済大学大学院経済学研究科修士課程修了
  • 1975年 大阪経済大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学
  • 1982年 大阪市史史料調査会主任調査員
  • 2004年 佛教大学文学部人文学科教授
  • 2010年 佛教大学歴史学部歴史学科教授、歴史学部長(初代、2010.4~2014.3)

著書[編集]

  • 「町人の都大坂物語 商都の風俗と歴史」(中央公論新社中公新書/1993年)
  • 「大阪十二月物語 近世の大坂風物詩」(リサイクル文化社/2001年)
  • 「大坂見聞録 関宿藩士池田正樹の難波探訪」(東方出版/2001年)
  • 『近世「食い倒れ」考』(2003年/東方出版)
  • 「大坂町奉行所異聞」(2006年/東方出版)
  • 「大坂町奉行と支配所・支配国」(2006年/東方出版)
  • 『近世社会と百姓成立―構造論的研究―』(2007年/思文閣出版)
  • 「飛脚問屋井野口屋記録 第1巻-第3巻」(共編/思文閣出版/大阪経済大学日本経済史研究所史料叢書)

外部リンク[編集]