清巌寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
清巌寺
山門
所在地 栃木県宇都宮市
大通り5-3-14
位置 北緯36度33分43秒
東経139度53分35秒
山号 芳宮山
宗派 浄土宗
本尊 阿弥陀如来
創建年 1573年天正元年)
開基 宇都宮頼綱
正式名 芳宮山 高照院 清巌寺
文化財 鉄塔婆(重要文化財)
法人番号 7060005000223
テンプレートを表示

清巌寺(せいがんじ)は、栃木県宇都宮市大通り五丁目にある浄土宗寺院。山号は芳宮山。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。開基(創立者)は宇都宮頼綱、開山は旭蓮社儀翁。宇都宮貞綱が母の菩提を弔うために鋳造して奉納したと謂われる鉄塔婆が現存することで知られる。鉄塔婆は国の重要文化財に指定されている。

歴史[編集]

清巌寺の歴史は、鎌倉時代初期に宇都宮氏によって建立された寺院を、戦国時代に宇都宮氏の家臣であった清原姓芳賀氏が移築して寺号を清巌寺としたことにより始まるとされる。

宇都宮家当主・第5代宇都宮頼綱1205年元久2年)に幕府より謀反の嫌疑を受け、これを機に熊谷で隠居生活を送っていた当代の英傑・熊谷直実(熊谷蓮生入道)の勧めにより法然に帰依、1208年承元2年)に出家して実信房蓮生と号し念仏道に入った。頼綱は京に住んで証空にも師事し、幕府から罪が許された後の1215年建保3年)に市内・宿郷町に当寺の起源となった念仏堂を建立した。頼綱は京の浄土宗光明寺にも念仏堂を建立している(現在の京都市右京区常盤の西方寺といわれる)。

その後、戦国時代に入り、宇都宮宗家の譜代の重臣であり姻戚関係もあった芳賀高継が、主家への反骨が災いして自害した兄・芳賀高照の菩提を弔うため、宿郷町にあった念仏堂を1573年天正元年)に現在地に移築し、「芳賀氏」の「芳」を採って山号を「芳宮山」、「芳賀高照」の「高照」を採って院号を「高照院」、「清原氏」の「清」を採って「清巌寺」とした。

1601年慶長3年)、初代の関東郡代である伊奈忠次から寄進を受け、朱印地25石を塙田に有した。

境内[編集]

文化財[編集]

その他[編集]

昭和期には幼稚園「萩の丘幼稚園」を併設していた。

アクセス[編集]

バス
徒歩
  • JR宇都宮駅西口から
    • 徒歩10分
  • 東武宇都宮駅東口から
    • 徒歩15分

関連項目[編集]