混合比 (気象用語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
混合比から転送)
移動先: 案内検索

混合比(こんごうひ、英語: mixing ratio、humidity ratio)とは、大気中に含まれる水蒸気量の表現の1つで、湿潤空気を含む空気塊における、乾燥空気に対する水蒸気の質量の比のこと。単位体積とすれば密度の比。

圧力を用いた表現[編集]

mを混合比、乾燥空気の質量、水蒸気の質量、pを湿潤空気の圧力、eを水蒸気分圧とするとき、

[g/g]

と書ける。また、この値は非常に小さくなるので分子を1000倍して単位を変え、

[g/kg] と表現することもある。

比湿 sと混合比mの関係は、以下のようになる。

密度を用いた表現[編集]

また、密度比においても同様の式が成り立つ。

飽和混合比[編集]

水蒸気分圧が飽和水蒸気圧に達して、水蒸気が飽和したときの混合比を飽和混合比という。

飽和混合比を、水蒸気分圧をとすると、以下の式で表される。

混合比の値の利用法[編集]

混合比は、空気塊の圧力(気圧)や温度(気温)が変化しても、周りの空気と混合せず、かつ水の出入りや凝結蒸発がなければ、保存される量である。実際の大気では、時間経過に従って空気が混合してしまうが、短時間であれば混合比が保存されるとみなせる。これを利用し、天気図上に混合比の分布をプロットしてその(短時間での)時間経過を見ると、混合比の値がいわばマーカーの役割をして、大気の移動を把握することができる。

外部リンク[編集]