深海村 (樺太)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
深海村
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 豊原支庁
大泊郡
総人口 2,017
1941年12月1日
隣接自治体 大泊郡大泊町長浜村富内村
深海村役場
所在地 樺太庁大泊郡深海村女麗
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示 ウィキプロジェクト

深海村(ふかみむら)は、日本の領有下において樺太に存在した指定町村)。

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目、現状に関してはプリゴロドノエの項目を参照。

概要[編集]

  • 亜庭湾に面していた。
  • 1905年7月樺太作戦で最初に日本軍が上陸したのは村内の女麗(めれい)で、後に上陸記念の碑が建てられた。
  • 1934年12月北海道猿払村まで海底電話線ケーブルが敷設された際、樺太側の入り口が深海村の女麗であった。電話線は戦後まもなくソ連軍により切断された。

歴史[編集]

村内の地名[編集]

  • 女麗(めれい)
  • 東女麗(ひがしめれい)
  • 西女麗(にしめれい)
  • 円内(えんない)
  • 勇度丹(ゆうとたん)
  • 手志矢(てしや)
  • 鳥居沢(とりいざわ)
  • 小田井(おたい)
  • 雄吠泊(おほえとまり)

[1]

地域[編集]

教育[編集]

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[2]

  • 樺太公立雄吠泊国民学校
  • 樺太公立深海国民学校
  • 樺太公立鳥居沢国民学校

脚注[編集]

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  2. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1680

関連項目[編集]