浦上郁夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浦上 郁夫(うらかみ いくお、1937年10月2日 - 1985年8月12日)は、日本の実業家ハウス食品創業者浦上靖介の二男[1]で、同社の元社長である。長男はハウス食品グループ本社社長の浦上博史である。

来歴・人物[編集]

1937年に大阪府で生まれる。ハウス食品副社長時代に彼は子供も食べられる甘いカレーを提案し、のちに同社のロングセラー商品であるバーモントカレーが生まれた。

1966年に父の靖介が死去して28歳でハウス食品2代目社長に就く。1969年に人事でプロダクトマネジャー制度を導入し、1971年に東京と大阪両証券取引所市場第2部に株式上場した。

社長に在任中の1984年11月、グリコ・森永事件でハウス食品も脅迫状が届いた。

1985年8月12日に日本航空123便墜落事故で死去する。事故当日の夕刊にグリコ・森永事件の犯行終結宣言が掲載され、前社長の墓前に報告するためにJAL123便に搭乗した[2]。この影響で、ハウス世界名作劇場第11作『小公女セーラ』は8月18日から一時期は提供社なしで放送された[3]。同事故を共にした歌手坂本九とは旧知の間柄で[4]、JAL123便搭乗直前に羽田空港のロビーで互いに会釈を交わしている[5]

出典[編集]

  1. ^ 関西起業家列伝 読売新聞
  2. ^ 読売新聞1985年8月14日記事
  3. ^ ノンスポンサー期間中は社団法人公共広告機構(現・公益社団法人ACジャパン)のCMに差し替えられた。
  4. ^ 坂本がかつてハウス食品のCM(ククレカレー、バーガーヘルパー)に出演していたため。
  5. ^ マナセプロダクション社長・曲直瀬道枝の後日談より(坂本のマネージャー・小宮勝廣から搭乗直前に電話で報告を受けていた)[信頼性要検証]

関連項目[編集]