浄橋寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浄橋寺
Jyoukyouji.jpg
所在地 兵庫県西宮市生瀬町2-20-24
位置 北緯34度49分6.0秒
東経135度19分47.8秒
座標: 北緯34度49分6.0秒 東経135度19分47.8秒
山号 十方山
宗派 浄土宗西山派
本尊 阿弥陀三尊
創建年 1241年
開基 証空
別称 橋寺
札所等 西山国師遺跡霊場16番
文化財 阿弥陀三尊像・銅鐘(国の重要文化財)
紙本著色善慧上人伝絵(県文化財)
石造露盤・石造五輪塔(市文化財)
法人番号 7140005016021
テンプレートを表示

浄橋寺(じょうきょうじ)は兵庫県西宮市にある浄土宗西山派の寺院である。山号は十方山。本尊の阿弥陀三尊像は国の重要文化財である。

寺号[編集]

寛喜年中(1229年1232年)、西山国師・証空琴鳴山麓で出会った山賊を諭し、武庫川に橋をかけ「浄橋」と名付けて橋を通る旅人の通行料(橋銭)によって生活を正したと伝えられる。橋の名前から浄橋寺とされ、橋寺とも称される。

歴史[編集]

1241年仁治2年)、証空が浄橋の西岸に建立したと伝えられる。有馬街道の要衝に位置して発展した。文明5年(1473年)火災で焼失、再興されたが、天正6年(1578年)に織田信長荒木村重の兵火によって再び焼失した。現在の姿に再興されたのは、明治に入ってからである。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

その他の文化財[編集]

  • 紙本著色善慧上人(証空)伝絵 - 室町時代の作品で、全6巻。兵庫県指定有形文化財。
  • 石造露盤 - 相輪の一部。西宮市指定重要有形文化財。
  • 石造五輪塔 - 花崗岩製で、鎌倉時代末期の建立と推定される。西宮市指定重要有形文化財。[1]
  • 石造五輪塔 - 花崗岩製で、南北朝時代の建立と推定される。西宮市指定重要有形文化財。
  • 石造五輪塔 - 花崗岩製で、南北朝時代の建立と推定される。西宮市指定重要有形文化財。

札所[編集]

所在地・交通[編集]

兵庫県西宮市生瀬町2-20-24

周辺情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西宮市内の指定文化財(西宮市公式サイト)(2012年2月26日閲覧)以下2件も同。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]