生瀬皇太神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
生瀬皇太神社
NamazeKotaijinjya.JPG
拝殿
所在地 兵庫県西宮市塩瀬町生瀬465
位置 北緯34度49分05.9秒
東経135度19分51.9秒
座標: 北緯34度49分05.9秒 東経135度19分51.9秒
主祭神 天照大御神
創建 寛元元年(1243年)
別名 皇太神社
例祭 10月22日
テンプレートを表示

生瀬皇太神社(なまぜこうたいじんじゃ)は兵庫県西宮市塩瀬町生瀬にある神社である。例祭にはだんじり祭が行われる。

祭神[編集]

天照大御神を主祭神に、愛宕大神春日大神八幡大神を配祀する。

歴史[編集]

寛元元年(1243年)の創立と伝えられる。 文明5年(1473年)兵火にあうが、天文16年(1547年)、細川時元により再建される。 天正年間(16世紀末)には羽柴秀吉別所長治攻めにより再び焼失するも、寛永3年(1626年)に再建された。大正以前は「皇太神社」と称したが、昭和2年(1927年)に現社名へ改称した。

祭事・年中行事[編集]

  • 3月22日:春祭り
  • 7月22日:夏祭り
  • 10月22日:秋祭り

交通[編集]

外部リンク[編集]