津田光造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津田 光造(つだ こうぞう、1889年12月2日 - 没年不明)は、日本政治運動家国家主義者。

神奈川県足柄上郡南足柄村(現・南足柄市)生まれ。神田大成中学校卒、神奈川県師範学校(現・横浜国立大学)第二部卒、早稲田大学英文科に学ぶ。辻潤の妹恒と結婚。教師、文筆家、僧侶など、昭和以後は農本主義から国家主義、皇道主義へ移行、信州国民党結成に参加、『月刊日本』を編集する。報徳思想を奉じつづけた。

著書[編集]

  • 二宮尊徳の民主生活 大同館 1919
  • 二宮尊徳の人格と現代 附・青年教師の懐疑 大同館書店 1919
  • 大地の呻吟 長編小説 大同館書店 1921
  • 僧房の黎明 長編小説 大林閣 1931
  • 皇道楽土の建設 軍事教育社 1933.3
  • 日本ファッショの現勢 解説批判及び建設理論 軍事教育社 1933.3
  • 五・一五事件の真相 軍事教育社 1933
  • 皇道自治精義 青年書房 1940
  • 青年に額づく 日本自救の原理と仕法 報徳産業研究所 1953

参考[編集]

  • 文藝年鑑1928