津幡城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津幡城(つばたじょう)は石川県河北郡津幡町清水に残る、古代日本の城平城)。昔から交通の要衝であった。現在は石標のみが立てられている。

歴史[編集]

平維盛寿永2年(1183年倶利伽羅峠の戦いの際津幡川に面した、小高い丘に砦を設けたことに始まる。建久元年(1190年)には、井上庄の地頭津幡隆家が居城とした。

観応2年(1351年)には、富樫氏春がこの城で、桃井直常軍と戦っている。

天正4年(1576年)から一向一揆が立て籠もっていたが、天正9年(1581年織田方の柴田勝家らによって落城した。

天正12年(1584年佐々氏前田氏の間に緊張が高まると、前田利家が再び築城。弟の前田秀継に守らせている。9月、末森城包囲中の佐々軍攻略の軍議をここで開く(末森城の戦い)。天正13年(1585年)、前田秀継が木舟城に移ると廃城となった。 (現在、津幡小学校。)

外部リンク[編集]

津幡町観光ガイド‐津幡城址 津幡町ホームページ、2018年3月3日閲覧