河野徹志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河野徹志

河野 徹志(こうの てつし、元治2年1月4日[1]1865年1月30日) - 昭和15年(1940年10月23日[2])は、日本の衆議院議員正交倶楽部)。産婦人科医小児科医

経歴[編集]

薩摩国薩摩郡高江村(現在の鹿児島県薩摩川内市)出身。1885年明治18年)、大阪医学校(現在の大阪大学医学部)を卒業し、東京慈恵医院において高木兼寛実吉安純のもと実地経験を積んだ[1]1891年(明治24年)、渡米してペンシルベニア大学に入学し、卒業の後医学博士の学位を得た[1]。その後、ジョンズ・ホプキンス大学で学び、さらにオーストリアウィーン大学でも学んだ[1]。帰国後は大阪医学校助教諭や吉田病院副院長を務めた[3]1899年(明治32年)に河野病院を開業し、1912年大正元年)には大阪市医師会議長に就任した[1]

大阪市会議員を経て、1917年(大正6年)の第13回衆議院議員総選挙で当選を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『人事興信録』
  2. ^ 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』
  3. ^ 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 『衆議院要覧 下巻 大正六年十一月』衆議院事務局、1917年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。