河島幸夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河島 幸夫(かわしま さちお、1942年2月16日 - )は日本の政治学者西南学院大学名誉教授。専門はドイツの政治、戦争と平和、賀川豊彦研究。博士(法学)。

来歴[編集]

兵庫県小野市生まれ。東北大学法学部卒業後、神戸大学大学院で学ぶ。西南学院大学法学部法律学科講師、同助教授、法律学科教授、法学部国際関係法学科教授を経て、名誉教授。

所属[編集]

  • 日本政治学会

著作[編集]

単著[編集]

  • 『戦争・ナチズム・教会―現代ドイツ福音主義教会史論』新教出版社、1993年
  • 『政治と信仰の間で―ドイツ近現代史とキリスト教』創言社、2005年
  • 『ナチスと教会―ドイツ・プロテスタントの教会闘争』創文社、2006年

編著[編集]

  • 『激動のドイツと国際政治』中川書店、1990年

共著[編集]

  • (今関恒夫ほか)『教会 (近代ヨーロッパの探究)』ミネルヴァ書房、2000年

訳書[編集]

  • W・フーバー/H・E・テート『人権の思想』新教出版社、1980年
  • D・ゼンクハース『ヨーロッパ2000年』創文社、1992年