沖美穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沖美穂
Miho Oki
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 沖 美穂
おき みほ
生年月日 (1974-03-08) 1974年3月8日(43歳)
国籍 日本の旗 日本
チーム情報
所属 引退
分野 ロードレース
役割 選手
プロ所属チーム
2002
2003-2004
2005
2006-
CA・マンテ・ラ・ヴィル・78
ファーム・フリテス=ハルトル
USC
ノビーリ・メニキニ
メニキニ
主要レース勝利

ジャパンカップ 1998-2005、2007・2008
トロフェ・デ・グランプール 2002
日本の旗 日本選手権

ロードレース 1998-2008
タイムトライアル 2006
最終更新日
2008年10月27日

沖 美穂(おき みほ、旧姓:増地〈ますち〉、女性、1974年3月8日 - )は、元自転車ロードレース選手。現在はJKAアドバイザー。

経歴[編集]

北海道清水町出身。北海道池田高等学校卒。高校卒業後も佐田建設スピードスケート選手として国際大会に出場するなど活躍。

22歳だった1996年橋本聖子に憧れて、自転車の世界に転向。1998年に開始された全日本自転車競技選手権大会では、増地姓で出場した1998年以降2008年まで、ロードレースでは11連覇を達成。2006年にはタイムトライアルも制した。

2002年、日本人女子として初めて、欧州プロチームと契約を果たし(フランス籍のCA・マンテ・ラ・ヴィル・78)、同年のトロフェ・デ・グランプールを優勝。2004年ジーロングのレースで3位に入り、日本人選手として初めて、UCI女子ロードワールドカップ対象レースの表彰台に立った。

オリンピックには、個人ロードレースでシドニーアテネ北京の3大会に出場した。

ジャパンカップサイクルロードレース(オープン女子の部)では1998年から2005年まで8連覇を達成し、2007年2008年に2連覇、合計10回優勝を果たした。2008年の同大会を最後に現役を引退した。2006年に沖を破り9連覇を阻んだのは当時鹿屋体育大学の学生だった萩原麻由子である。

引退後はJOCのスポーツ指導者海外研修に参加[1]し、帰国後の2011年4月20日には競輪の統括団体であるJKAとアドバイザリー契約を結び、5月より日本競輪学校で育成が開始される女子競輪選手への指導を行うことになった[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]