森本朱美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森本 朱美もりもと あけみ1968年2月22日 - )は、鳥取県出身の自転車競技選手である。学校教諭を本職としながらも、第一線で活躍。ロードが主戦場だが、トラックでもシドニーオリンピックに出場した。競技選手としてはチームラバネロ所属。

来歴[編集]

鳥取西高校東京学芸大学卒業後、中学校教諭となり、クラブチーム入り。

1998年三笠宮杯ツール・ド・とうほく優勝。

1999年、アジア選手権ロード3位。

2000年全日本選手権ポイントレース優勝。シドニーオリンピック出場(16位)。

その後、鳥取湖陵高に赴任。自転車部の監督を務める一方、選手としてもなお第一線で活躍している。

2009年、全日本選手権・ポイントレース優勝。

外部リンク[編集]