池田重政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田重政
時代 江戸時代前期
生誕 慶長8年(1603年
死没 慶安4年6月20日1651年8月6日
改名 源六(幼名)、重政
戒名 本住院殿涼岩周清大居士
墓所 兵庫県揖保郡太子町鵤の斑鳩寺
官位 従五位下内蔵助
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
播磨新宮藩
氏族 池田氏(重利流)
父母 池田重利山口宗永
兄弟 重政、榎本某室
小堀政一
源六、薫彰公彰西尾盛教室、
坪内定長正室、布施官兵衛室、藤枝方孝
テンプレートを表示

池田 重政(いけだ しげまさ)は、江戸時代前期の大名播磨国新宮藩2代藩主。下間系池田家2代。

生涯[編集]

慶長8年(1603年)、初代藩主・池田重利の長男として生まれる。寛永8年(1631年)、父の死去により跡を継ぐ。藩政の確立に尽力し、特に慶安3年(1650年)に家臣に命じて作らせた「播磨国絵図」は、当時の播磨国内を知る上で重要な文化財となっている。

慶安4年(1651年)6月20日、江戸で死去した。享年49。跡を次男の薫彰が継いだ。

系譜[編集]