池田重利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
池田 重利
Ikeda Shigetoshi.jpg
池田重利像(梅岳寺蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正14年(1586年
死没 寛永8年1月10日1631年2月10日
改名 下間頼広(初名)→池田重利
別名 源十郎(通称)、上野介
戒名 慈照院殿義山宗徳大居士
墓所 兵庫県揖保郡太子町鵤の斑鳩寺
官位 従五位下、越前
幕府 江戸幕府
主君 教如池田輝政利隆徳川秀忠家光
摂津尼崎藩主→播磨鵤藩主→播磨新宮藩
氏族 下間氏池田氏
父母 父:下間頼龍
母:池田恒興の養女・七条(織田信時の娘)
兄弟 宮城政次、池田輝政養女(建部光重室)、徳永昌重室、大久保長安
正室:山口宗永の娘
重政、娘(榎本某室)

池田 重利(いけだ しげとし)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名播磨新宮藩初代藩主。元は本願寺坊官であり、下間 頼広(しもつま らいこう)と名乗った。下間系池田家初代。

生涯[編集]

本願寺の坊官・下間頼龍の長男。はじめ、父と共に東本願寺教如に仕えたが、教如とは相性が悪く父が死んだ慶長14年(1609年)に叔父(母の養父の実子で義理の弟にあたる)の池田輝政の元へ出奔した。頼広は学識や武芸に通じていた事から、輝政から仕官を勧められて3,000石をもって輝政の嫡子利隆の補佐を命じられた。慶長18年(1613年)、利隆が家督を継ぐと池田姓を与えられて池田重利と改名し、翌慶長19年(1614年)には池田氏重臣として徳川家康に拝謁している。

大坂の陣では、池田利隆・忠継兄弟の幕下で尼崎城を守って戦功があり、戦後に甥の建部政長とともに川辺郡西成郡尼崎で1万石を与えられて大名となった。元和3年(1617年)、宗主である姫路藩池田氏の転封により播磨揖東郡鵤荘に転封。寛永3年(1626年)には播磨揖東郡新宮陣屋を設置し、新宮藩を創設した。 寛永8年(1631年)に46歳で死去し、家督は長男の重政が継いだ。

所領変遷[編集]

池田重利知行方目録(慶長14年)
郡名 村名 石高 M22市制町村制施行 現在
揖西郡 山津屋村 405.685 神部村 たつの市(旧揖保郡揖保川町
ニ塚村 472.415 半田村
片嶋村 603.420
飾東郡 平野村内 802.340 城北村 姫路市
赤穂郡 若狭野村 603.420 若狭野村 相生市
池田重利知行方目録(慶長18年)
郡名 石高
揖西郡 1487.780[1]
加古郡 911.790
明石郡 600.430
尼崎藩・池田重利領分(元和元年)
郡名 村名 石高
川辺郡 次屋 615.450
杭瀬 861.000
梶ヵ島 120.000
下坂部 521.665
長洲のうち
(中長洲・東長洲)
2,539.810のうち
1,052.826
尾浜 566.030
水堂のうち 686.665
西成郡 大道
別所

中嶋
1,804.092
橋寺 287.850
三番のうち 662.376のうち
593.690
上新庄
下新庄
1,246.580
東寺
馬嶋
高畠
淡路荘
785.540
南方
(川口・浜)のうち
1,580.000のうち
435.700
宮原のうち
(宮原北ノ荘)
886.590のうち
253.230
堺ノ上・新在家のうち 865.793のうち
176.220
鵤藩/新宮藩[2]領分(元和3年)
郡名 村名 慶長検地石高[3] 正保郷帳石高 M22市制町村制施行 現在
揖東郡 950.614 850.622 斑鳩村 揖保郡太子町
太子のうち[4] 221.382 154.300
馬場 462.265 385.220
太田 206.100 171.750 太田村
平方のうち 348.681 290.560 龍田村
助久 329.590 274.600
篠首 395.590 329.658 香島村 たつの市(旧揖保郡新宮町
上香山 688.000 573.330
上篠 429.013 357.510
下篠 522.802 435.661
吉島[5] 504.380 420.317
宮内[5] 295.694 246.410 新宮村
新宮[5] 666.694 555.578
井野原[5] 696.082 580.006
曽我井[5] 174.422 145.359
段上[5] 659.870 549.890 越部村
一野保 409.349 341.1245
馬立 299.677 249.7305
中荘[5] 427.370 356.1405
下野田 400.196 333.4965
山田 477.700 398.083 林田村 姫路市(旧揖保郡林田町
太市中 435.500 362.910 太市村 姫路市
大住寺[5] 605.874 540.895 神岡村 たつの市
中井 444.151 370.125 小宅村
鵤宿 867.192 722.660 誉田村
平松[5] 233.260 194.380 大津村 姫路市大津区

脚注[編集]

  1. ^ 具体的な村名は不明だが、石高から慶長14年目録記載の揖西郡における知行3か村と同一であったものと考えられる
  2. ^ 寛永3年の新宮へ陣屋移転後も同一領分であった
  3. ^ 池田輝政による2割打ち出し高であるために、表高1.2万石・実高1万石となっている
  4. ^ 旧高旧領取調帳における太子寺領と同一
  5. ^ a b c d e f g h i 寛文10年改易後、新宮領3,000石の旗本寄合として再興後も領分として保持した村