池田薫彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田薫彰
時代 江戸時代前期
生誕 寛永10年(1633年
死没 寛文3年1月30日1663年3月9日
改名 新吉(幼名)、薫彰
別名 右京(通称)
戒名 梅岳院殿覚源英徹大居士
墓所 兵庫県たつの市宮内の梅岳寺
官位 従五位下越前守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱
播磨新宮藩
氏族 池田氏(重利流)
父母 池田重政
兄弟 源六、薫彰公彰西尾盛教室、
坪内定長正室、布施官兵衛室
戸川正安加藤明成
邦照重教
テンプレートを表示

池田 薫彰(いけだ てるあき)は、江戸時代前期の大名播磨国新宮藩3代藩主。下間系池田家3代。

略歴[編集]

池田重政の次男。

慶安4年(1651年)に父が死去したため、翌承応元年(1652年)に家督を継いだ。寛文3年(1663年)1月30日に31歳で死去した。

系譜[編集]