池田光宏 (美術家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 光宏(いけだ みつひろ、1969年[1]9月15日 - )は美術家

経歴[編集]

神奈川県横浜市生まれ[1]神奈川県立東金沢高等学校を経て、1994年日本大学芸術学部美術学科卒業、1997年東京芸術大学大学院美術研究科修了[1]

窓をスクリーンとして人影の映像を映し出す作品「by the Window」が知られている。この方法で、2001年から、住宅、商店、オフィス、公共施設などで作品を発表。「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」(新潟、2003年/2006年)[1]、また、「AOBA+ART」(横浜、2008年)などの企画にも積極的に参加、AOBA+ART2013年では「青葉食堂〜わたしのお庭であいましょうツアー〜」のディレクションをする。2008年、平成20年度文化庁芸術家在外研究員としてスウェーデンに滞在(2年間)[1]。2014年より長岡造形大学准教授。

主な個展[編集]

  • 「PARTS」(ギャラリーK: 東京、1995年)
  • 「PARTS 谷中プロジェクト」(アートフォーラム谷中: 東京、1996年)
  • 「With PARTS」(西瓜糖: 東京、1997年)
  • 「by the Window」(ドラックアウトスタジオ: 東京、2001年)
  • 「by the Window G54.v」(Gallery 54: ヨーテボリ、2007年)
  • 「by the Window "A Chair" Two Change .v 」(Two Change: ストックホルム、2008年)
  • 「Blooming Flower at Night」(Kulturhuset Vita Skolan: ブロビー、2009年)
  • 「Home Made Home」あざみ野ナイト2012(横浜市民ギャラリー アートフォーラムあざみ野: 横浜、2012年)

主なグループ展[編集]

  • 六本木アートナイト」(森美術館: 東京、2012年)
  • 黄金町バザール」(横浜市黄金町市街: 横浜、2011年)
  • 「水都大阪2009」(中之島公園: 大阪、2009年)
  • 「ヨーテボリ・ビエンナーレ・サテライト」(Gallery Konstepidemin: ヨーテボリ、2009年)
  • 「Anonymous」(Gallery Konstepidemin: ヨーテボリ、2008年)
  • 「AOBA+ART」(青葉区美しが丘・住宅街: 横浜、2008年)
  • AKASAKA ART FLOWER 08」(旧赤坂小学校: 東京、2008年)
  • 「After Hours」(Askim Culture House: ノルウェー、2008年)[1]
  • 越後妻有アートトリエンナーレ2006」(津南町: 新潟、2006年)[1]
  • 「ときめきエンカウンター」(DUX-AKIBA Square: 東京、2006年)
  • 「府中ビエンナーレ2004」(府中市美術館: 東京、2004年)[1]
  • 「カフェ・イン・水戸2004」(水戸芸術館現代美術センター: 水戸、2004年)
  • 「Japan Video Night」(Film Forum the Art Film: ストックホルム、2003年)
  • 「Moving Japanese」(Kulturhuset: ストックホルム、2003年)
  • 「こもれび展」(水戸芸術館現代美術センター: 水戸、2003年)[1]
  • 越後妻有アートトリエンナーレ2003」(JR十日町駅: 新潟、2003年)[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 池田光宏 (アメーバブログ)”. AOBA+ART BLOG. サイバーエージェント (2008年7月19日). 2019年9月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『「池田光宏: by the Window“墨東バージョン”」フライヤー』東京都/東京文化発信プロジェクト室/特定非営利活動法人向島学会、2010年。
  • 『「青葉食堂2008-2013」ドキュメントブック』AOBA+ART2013実行委員会、2014年。

外部リンク[編集]