池上美弥子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いけがみ みやこ
池上 美弥子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 鹿児島県
生年月日 1970年3月
血液型 O型
最終学歴 鹿児島純心女子短期大学卒業
職歴 NHK鹿児島契約キャスター
鹿児島放送アナウンサー
ジャンル 報道番組
公式サイト 公式ブログ
担当番組・活動
過去おーいかごしま96
KKBスーパーJチャンネル
『川島葉留美の漢方相談』

池上 美弥子(いけがみ みやこ、1970年3月[1] - )は、鹿児島県を拠点に活動する日本フリーアナウンサー

来歴[編集]

鹿児島県出身[1]鹿児島純心女子短期大学卒業[1]

学生時代からアナウンサー志望で、それを念頭に就職活動をするも採用には至らなかった。短大卒業後には一般企業に入社するが、その後も夢を諦めきれずに放送局の採用試験を受け、NHK鹿児島放送局の契約キャスターに採用される[2]

NHKとの契約の終了後、1995年4月に鹿児島放送 (KKB) に入社[1]。同期に元同局アナウンサーの柿野賢治がいる。同局では、夕方のニュース番組を主に担当[2]。報道部の所属で、記者も兼務していた[2][3]

鹿児島放送を退社後、2013年にフリーに転向[2]。以後は、鹿児島県内で講師業を中心とした活動を展開している[4]

人物[編集]

鹿児島放送時代の趣味はフットサルで、2つのチームに入って活動するほどに熱中していた[1]。後にフットサル4級審判員の資格も取得した[5]

私生活では1児の母[6]

担当番組[編集]

鹿児島放送時代の担当番組のみを記載。

動画配信[編集]

  • みやこ先生のアナウンス教室(南日本新聞) - 南日本新聞がYouTubeで配信している動画シリーズ[7]

執筆[編集]

  • 「発表名人になろう」〜みやこ先生の音読教室〜(南日本新聞)[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f TOP > KKBアナウンサー室 > 池上 美弥子”. 鹿児島放送. 2002年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 池上美弥子さんのプロフィールページ”. Ameba. 2019年2月11日閲覧。
  3. ^ 池上美弥子”. Facebook. 2019年2月11日閲覧。
  4. ^ H2801~03ミニスクール合同 (PDF)”. かごしま産業支援センター. 2019年2月11日閲覧。
  5. ^ a b c 池上美弥子 プロフィール”. 鹿児島放送. 2007年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  6. ^ 池上美弥子 (2018年4月3日). “あがり症を克服するための方法として、音読を勧める理由とは YouTubeあり”. Ameba Blog. 2019年2月11日閲覧。
  7. ^ 動画のページ「373TV」 みやこ先生のアナウンス教室”. 南日本新聞. 2019年2月11日閲覧。
  8. ^ 行事チラシコーナー > 2018年11月 (PDF)”. かごしま若者サポートステーション. 2019年2月11日閲覧。ダウンロード元ページ:http://kagoshima-sapo.roukyou.gr.jp/Tirashi.html?File=201811

外部リンク[編集]