池上忠治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

池上 忠治(いけがみ ちゅうじ、1936年7月30日 - 1994年6月28日[1])は、日本の西洋美術史学者。

新潟県出身。東京大学文学部美学美術史学科卒、同大学院修士課程修了、東大助手、神戸大学文学部助教授、81年教授。フランスの近世・近代美術が専門。57歳で死去。

著書[編集]

編著[編集]

  • 『世界版画美術全集 第3巻 ドーミエ/ドレ 諷刺と挿絵の妙技』小川栄二共編著 講談社 1980
  • 『世界美術大全集 西洋編 第22巻 印象派時代』責任編集 小学館 1993
  • 『世界美術大全集 西洋編 第23巻 後期印象派時代 1』責任編集 小学館 1993

翻訳[編集]

  • ジュヌヴィエーヴ・ダリダン『日本の彫刻美 フランス彫刻との比較』日本経済新聞社 1964
  • セザンヌの手紙』ジョン・リウォルド編 筑摩叢書 1967
  • スーラ』ピエール・クールティヨン解説 美術出版社 1969
  • ルネ・ユイグ『イメージの力 芸術心理学のために』美術出版社 1969
  • アンナ・マリア・ダミジェルラ『現代の絵画 2 印象派の画家たち フランス以外の印象派』中江彬共訳 平凡社 1974
  • バーナード・デンバー『印象派全史 1863-今日まで 巨匠たちの素顔と作品』監訳 日本経済新聞社 1994
  • ルドルフ・ウイトコウアー『彫刻 その制作過程と原理』監訳 中央公論美術出版 1994

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』