江村林香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

江村林香(えむら りか 本名・中山理加(なかやま りか[1])、1968年2月25日 - )は埼玉県出身の実業家[2]エアトランセ社長。

日本初の女性の航空会社社長である[3]

1988年、東洋大学短期大学卒業後、キャブステーションという小さな会社に就職、1996年に[2]26歳で取締役に就任[3]、その後、音楽家派遣事業会社、バス・タクシー手配会社、ハイヤー会社を設立した[3]

2000年に東京ドームを借り切って[4]グラウンドで結婚式をあげた[5]

2004年8月にそれまでのすべての役職を辞めてエアァシェンペクス(エアトランセの前身)を新社名エアトランセとして引き継ぎ[2][6]、エアトランセは2005年3月、函館空港-帯広空港間の定期便を就航、同年8月には新千歳空港経由便の運航も開始した[3]。宣伝用ポスターに夫婦そろって登場したこともあった[4]

経歴[編集]

主著[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]