永田ガラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永田 ガラ(ながた ガラ、女性、1970年 - )は、日本の時代小説家ライトノベル作家京都府出身[1]

人物・経歴[編集]

京都府立大学京都大学大学院で中世・近世日本史を学んだ[1]新聞社勤務の傍ら小説を書いている[1]。39歳の2009年、投稿作「観」が第16回電撃小説大賞で三次選考に残るも落選[1]。しかし同作が編集部の目にとまり、改稿の上で刊行され、デビューに至った。

筆名は怪獣「ガラモン」にたたずまいが似ていることに由来しているという[1]

作品リスト[編集]

  • 観 - KAN - (メディアワークス文庫2010年2月)
  • 舞王 - MAIOH - (メディアワークス文庫、2010年5月)
  • 夫恋 - FUREN - (メディアワークス文庫、2010年8月)
  • 信長の茶会 (メディアワークス文庫、2011年3月)
  • 秀吉の交渉人――キリシタン大名小西行長 (メディアワークス文庫、2011年8月)
  • 五感を研ぎ澄ませて (メディアワークス文庫、2012年12月)
  • 星の眠る湖へ――愛を探しに (メディアワークス文庫、2013年7月)
  • あなたのために、ネコはゆく (メディアワークス文庫、2013年12月)
  • 内気な美女には野獣を (メディアワークス文庫、2015年6月)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『観 -KAN-』掲載の「著者経歴」より。