永末恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永末 恵子(ながすえ けいこ、1954年2月15日 - 2016年2月19日)は、俳人広島県生。現代詩、短歌の制作期を経て、1988年より句作をはじめ「白燕」に入会、橋閒石に師事する。2003年「白燕」退会、以後無所属で作句。句集に『発色』『留守』『借景』『ゆらのとを』がある。

参考文献[編集]

  • 宇多喜代子 『戦後生まれの俳人たち』     毎日新聞社、2012年
  • 池田澄子  『永末恵子がこの世に居ない』   ふらんす堂通信、2016年 #148ーより引用

「彼女の俳句との交わりの深さと言ったら、俳人の誰とも比較のできない清潔で濃いものだった。だから永末恵子のファンは多い。しかし、俳壇に名を馳せるといった俳人ではなかった。其処には彼女の興味も関心も、勿論、意欲もなかった。それは本当に彼女が、俳句に自身を賭けていたからだ。俳句はお仕事ではなく、俳句の先生になるのではなく、だから、俳句のためには必要な人だった。その人の逝去は勿体ないにも程がある」池田澄子

外部リンク[編集]

著作[編集]

  • 歌集「くるる」  七月堂     1989年9月28日初版
  • 句集「発色」   白燕発行所  1991年8月20日発行
  • 句集「留守」   航跡舎     1997年12月5日発行
  • 句集「借景」   航跡舎     1999年 4月4日発行
  • 句集「ゆらのとを」ふらんす堂  2003年6月18日発行
  • 著作管理    航跡舎     https://blogs.yahoo.co.jp/richard_parker_alpaca