永宮正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ながみや しょうじ
永宮 正治
2009年7月6日、J-PARC完成記念式典懇親会にて
2009年7月6日、
J-PARC完成記念式典の懇親会にて
生誕 (1944-05-24) 1944年5月24日(77歳)
居住 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 東京大学
ローレンス・バークレー国立研究所
コロンビア大学
高エネルギー加速器研究機構
出身校 東京大学理学部卒業
大阪大学大学院
理学系研究科博士課程修了
主な業績 エネルギー重イオン反応研究
大強度陽子加速器施設建設
主な受賞歴 井上学術賞1992年
東レ科学技術賞(2007年
日本中性子科学会特別賞
2009年
茨城県功績賞(2012年
東海村村民栄誉賞(2012年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

永宮 正治(ながみや しょうじ、1944年5月24日 - )は、日本物理学者素粒子原子核宇宙線宇宙物理)。学位理学博士大阪大学1972年)。国立研究開発法人理化学研究所研究顧問、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構名誉教授

ローレンス・バークレー国立研究所主任研究員東京大学理学部助教授コロンビア大学教授、コロンビア大学物理学科学科長東京大学原子核研究所教授、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構教授、大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構大強度陽子加速器計画推進部部長J-PARCセンターセンター長(初代)などを歴任した。

来歴[編集]

兵庫県神戸市御影に生まれた[1]。その後、学齢期は大阪市で育った。

1970年代に、ローレンス・バークレー国立研究所のBevalacで高エネルギー重イオン物理学草分け期の研究に従事。その後、ブルックヘブン国立研究所のAGSやRHICで実験を進め、PHENIX実験の初代スポークスマン。 クォークグルーオンプラズマ現象の解明を進めた。この間、日米協力事業を推進。1996年末に日本に戻り、 J-PARCの建設に専心。

日本物理学会会長、日本学術会議会員・同物理学委員長・第三部幹事、アジア太平洋物理学会会長、等を務める。

略歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.422