永原功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永原 功(ながはら いさお、1948年6月1日 - )は、日本実業家富山県砺波市出身。

第7代北陸経済連合会会長。北陸電力株式会社代表取締役会長。富山県公安委員会委員長。日本原子力発電株式会社取締役(非常勤)。株式会社カターレ富山代表取締役会長(非常勤)。

経歴[編集]

  • 1948年(昭和23年)6月1日生
  • 1967年(昭和42年)3月 - 富山県立富山中部高等学校
  • 1971年(昭和46年)3月 - 京都大学経済学部
  • 1971年(昭和46年)4月 - 北陸電力株式会社入社。
  • 2001年(平成13年)6月 - 北陸電力株式会社取締役に就任。
  • 2003年(平成15年)6月 - 北陸電力株式会社常務取締役に就任。
  • 2004年(平成16年)6月 - 北陸電力株式会社代表取締役副社長に就任。
  • 2005年(平成17年)6月 - 北陸電力株式会社代表取締役社長に就任。
  • 2010年(平成22年)5月 - 北陸経済連合会会長に就任。
  • 2010年(平成22年)6月 - 北陸電力株式会社代表取締役会長に就任。
  • 2010年(平成22年)6月 - 日本原子力発電取締役に就任。
  • 2011年(平成23年)8月 - 富山県公安委員会委員長に就任。
  • 2012年(平成24年)4月 - 株式会社カターレ富山代表取締役会長に就任。
先代:
新木富士雄
北陸電力社長
2005年 - 2010年
次代:
金井豊