水木純一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
水木 純一郎
生誕 (1950-11-11) 1950年11月11日
研究分野 物性物理学
研究機関 関西学院大学日本原子力研究開発機構NEC
出身校 東北大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

水木 純一郎(みずき じゅんいちろう、1950年11月11日 - )は、日本物理学者関西学院大学理工学部教授

関西学院大学理学部物理学科卒業。1979年東北大学理学研究科博士課程修了。東北大学理学博士日本学術振興会奨励研究員などを経て、1985年にNEC基礎研究所に入所。 1996年に日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)に転じた。2011年4月より、関西学院大学理工学部教授。2017年4月より同大学理工学部長。2011年から2013年の間、日本放射光学会会長を務めた[1]。放射光X線を利用した構造物性研究が主たる業績。

主要業績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本放射光学会歴代会長

外部リンク[編集]