水島藤一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

水島 藤一郎(みずしま とういちろう、1947年2月23日 - )は日本実業家日本年金機構理事長。過去に、三井住友銀行副頭取を経て、初代独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構理事長を務めた。

人物[編集]

神奈川県出身。神奈川県立平塚江南高等学校を経て[1]、1969年一橋大学法学部を卒業し、三井銀行(現三井住友銀行)入行。1997年さくら銀行取締役法人部長、2000年さくら銀行常務執行役員、2001年三井住友銀行常務取締役兼常務執行役、2004年三井住友銀行副頭取。信賞必罰人事を敷き「鬼軍曹」と称された[2]

三井住友銀行顧問を経て、2005年、独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構の初代理事長に就任、厚生年金会館厚生年金休暇センター厚生年金老人ホームなどの売却にあたった[3]。就任に際しては、「独法の枠にとらわれず、民間の発想、手法で施設売却に取り組む」と抱負を述べた[4]。売却価値を高めるため、民間への管理委託を進める方針を決め、第1段として社会保険京都健康づくりセンターを、東京建物に管理運営を委託。東京建物はこれをレジーナ京都として運営。オープニングセレモニーでは、東京建物会長の南敬介とともに挨拶を述べた[5]。2012年には廃止を予定していた健康保険鳴門病院健康保険鳴門看護専門学校を、13億円あまりで徳島県に売却、飯泉嘉門徳島県知事と契約書に調印した[6]。2011年6月に成立した独立行政法人年金・健康保険福祉施設整理機構法の一部改正により、病院の設置運営を行う独立行政法人地域医療機能推進機構に改組されることが決まったことを受け、2012年退任。

2013年1月、日本年金機構理事長に就任。事務処理のミスが多発する組織体制の改革にあたり[7]、強大な労働組合による1時間のうち15分を休憩時間とする慣行や、キーボードは1日5000タイプ以内とする慣行などの異常な慣行を崩し、銀行時代のような信賞必罰人事を導入。また独自の三層構造を崩して本部への権限の集中を進めた[8]

2014年4月には厚生労働省社会保障審議会年金事業管理部会で、年金未納問題に関し、2013年度の国民年金保険料納付率につき「60.07%を超える見込みとなってきた。」とし、4年ぶりに納付率60%台に達する見込みとなったことを明らかにした[9]

脚注[編集]

  1. ^ 「江南同窓会が総会」タウンニュース2018/05/24
  2. ^ 日本経済新聞2017/06/27 2ページ
  3. ^ 毎日新聞 2005年06月25日
  4. ^ 週刊ダイヤモンド2007.10.0
  5. ^ RBAタイムズ 2006年4月19日)
  6. ^ 徳島新聞 2012/3/29
  7. ^ 「日本年金機構理事長・水島藤一郎氏 年金記録確認、年度末めど」
  8. ^ 「当事者の証言(2)鬼軍曹も悩む閉鎖体質 」日本経済新聞2017/06/27 2ページ
  9. ^ 「13年度納付率、60%台の見通し=国民年金保険料-年金機構理事長」2013年10月8日 読売新聞時事通信2014/04/25
先代:
紀陸孝
日本年金機構理事長
第2代:(2013年〜)
次代:
-
先代:
-
年金・健康保険福祉施設整理機構理事長
初代:(2005年2012年
次代:
尾身茂