水子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水子地蔵。亡くなった胎児を回向するために建てた地蔵菩薩像[1]

水子(みずこ)は


水子(みずこ)は、生まれてあまり日のたたない子、あかごのこと[1]。また、胎児、特に流産または人工妊娠中絶により死亡した胎児のことを指す[1]。泡子とも。水子という呼び名は、生まれて間もなく海に流された日本神話の神・水蛭子より転じたものとされる[2]

水子塚[編集]

江戸時代には、飢饉などによる貧困から堕胎や間引き(嬰児殺し)が農村を中心に行なわれ、江戸市中では、回向院にそうした胎児や嬰児を葬る墓があり、水子塚と呼ばれた[2]

水子供養商法[編集]

“水子”は本来「すいじ」と読み、元々は死亡した胎児だけでなく乳児期、幼児期に死亡した子供を含む概念に過ぎなかったが、1970年代頃から水子供養の習慣が広まっていき、占い師などが水子の崇りを語って水子供養を売り物にしていった[3]。その背景には、檀家制度が破綻し経営が苦しくなった多くの寺院が経済的利益のために大手墓石業者とタイアップし水子供養を大々的に宣伝し始めたことが大きく影響している[3]日本で近代以降に作られた概念であり、仏教の教義としてあるわけではない。[要出典]

転用[編集]

一度妊娠したものの出産に至らずに終わったことから転じて、中止になった物事や企画を水子と呼ぶ用法が生まれたが、近年では余り用いられず、お蔵入りという表現が用いられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『大辞泉』
  2. ^ a b コオロシ 子堕『大百科事典. 第9巻 第2冊』平凡社、1939年
  3. ^ a b 「水子霊」の仕掛け人 しんぶん赤旗 (2005年11月)

外部リンク[編集]