気象記念日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本初の天気予報発表時の天気図

気象記念日(きしょうきねんび)は、日本気象庁が実施している記念日であり、気象庁の創立記念日でもある[1]。毎年6月1日

1875年明治8年)6月1日東京・赤坂葵町に日本初の気象台である東京気象台(現在の気象庁)が設置され、東京で気象と地震の観測が開始されたことを記念し[2]、中央気象台が[3]1942年[4](昭和17年)に制定した。

この日の最初の天気予報は、「全国一般風ノ向キハ定リナシ天気ハ変リ易シ但シ雨天勝チ」という日本全国の予想をたった一つの文で表現したもので、東京の派出所等に掲示された。この日より、毎日3回の全国の天気予報の発表が開始された[5]

脚注[編集]

  1. ^ 日本国語大辞典, デジタル大辞泉プラス,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “気象記念日とは” (日本語). コトバンク. 2020年6月5日閲覧。
  2. ^ 「年中行事事典」p252 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版
  3. ^  http://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/gyomu/index2.html 
  4. ^  http://www.jma.go.jp/jma/press/0305/20a/kinenbi.pdf
  5. ^ 気象庁 | 気象庁の歴史”. www.jma.go.jp. 2020年6月5日閲覧。

関連項目[編集]