毛羽毛現

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥山石燕今昔百鬼拾遺』より「毛羽毛現」
水木しげるロードに設置されている「毛羽毛現」のブロンズ像

毛羽毛現(けうけげん、けうげげん)は、鳥山石燕の画集『今昔百鬼拾遺』にある毛むくじゃら姿の日本妖怪。同画集の解説文では希有希見とも表記される、これは「稀にしか見ることがない」という意味である。文献によっては希有希現[1][2]という漢字表記も見られる。

石燕による解説文には「惣身に毛生ひたる事 毛女のごとくなれば」と毛との関連から『列仙伝』などに記載されている体に毛の生えていたとされる中国の仙人「毛女」(もうじょ。秦の始皇帝に仕える宮女だったが、が滅んだために山中に逃れ、松葉を食べて生き延び、170年の歳月を経た末に空を飛ぶほど身の軽い仙人になった。体に毛が生えていたとされる[3]。)がそのすがたの形容として挙げられている[1][4]

昭和・平成以降の妖怪関連の書籍では、毛羽毛現は家の周囲や床下のように湿った場所に棲み、これがいる家には調子の悪い人・病人が出る[5]という解説や、病人を出す性質から疫神の一種と考えられる[2][6]などの解説がとられていることがもっぱらである。しかし一方で、石燕による毛羽毛現についての記述そのものは毛だらけで稀にしか見ることがない[4]という情報しかなく、このような解説は江戸時代の民間伝承に直接あたったものではないと指摘されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、150頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ a b 多田克己 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 新紀元社〈Truth in fantasy〉、1990年、280頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  3. ^ 澤田瑞穂 『列仙伝・神仙伝』 平凡社平凡社ライブラリー)、1993年、92頁。ISBN 4-582-76019-8
  4. ^ a b 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、239頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  5. ^ 水木しげる 『決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様』 講談社講談社文庫)、2014年、283頁。ISBN 978-4-062-77602-8
  6. ^ 草野巧 『幻想動物事典』 新紀元社〈Truth in fantasy〉、1997年、125頁。ISBN 978-4-88317-283-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]