今昔百鬼拾遺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

今昔百鬼拾遺』(こんじゃくひゃっきしゅうい)は、1781年安永10年)に刊行された鳥山石燕妖怪画集。

「雲」「霧」「雨」の三部構成となっている。本作で描かれている妖怪には、実際の伝承にあるものではなく、石燕が創作したものも多く含まれている。また『画図百鬼夜行』、『今昔画図続百鬼』、本作、『百器徒然袋』とある石燕の作品の中で唯一、本作は彩色版があったとの説もある[1]

収録作品[編集]

[編集]

[編集]

[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会1992年、33頁。ISBN 978-4-336-03386-4

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]