毛利山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

毛利山城(もうりやまじょう)は、美濃国岐阜県美濃加茂市)愛宕山にあった日本の城山城)。別名牛ヶ鼻砦[1]

歴史[編集]

岐阜城織田信孝家老加治田城斎藤利堯兼山城森長可の不穏な動きに対抗して築いた。織田信孝も兵を遣わしていた。

利堯重臣の西村治郎兵衛を中心とした部隊(加治田衆)が城代、城番を行っていた。

加治田・兼山合戦の前哨戦として毛利山城にて加治田勢と森勢が戦った。森勢は二度攻めたが、毛利山城は落城しなかった。その後、森長可の領地増加の為城を統合し、加治田城と共に廃城とした[2]

現在[編集]

曲輪、空堀が残る。毛利山城の城の石垣の石と説明版がある。「こびの天狗山」と呼ばれ、宗教施設である荒薙教本部。眼下に飛騨木曽川国定公園青柳蘇水湖を望む景勝地として観光施設となっている。

構造[編集]

加治田城から南方7kmの距離にあり、飛騨川を東側に望む丘陵上に位置し、飛騨川北岸の断崖絶壁の要害堅固な山城であった[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『南北山城軍記』
  2. ^ 『南北山城軍記』
  3. ^ 『富加町史』「イ 牛が鼻の前哨戦」『兼山記』

参考文献[編集]

  • 南北山城軍記
  • 兼山記
  • 富加町史

関連項目[編集]

外部リンク[編集]