歩行者空間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

歩行者空間(ほこうしゃくうかん、pedestrian zone)とは、都市空間のうち自動車空間に対する概念で、歩行者の安全や健康に配慮して設計されたルートやエリアの総称[1]

徒歩は非常に個性の強い行為であり、歩行者の年齢、移動の目的、携帯する荷物、歩行者の数などが大きく影響する[2]。歩行者空間の設計にあたっては、歩行者の安心感、遠回りの回避、歩きやすさなどを考慮する必要がある[2]

歩行者空間系のアメニティの要素としては、歩行者道、自動車が最適制御されている道路、公園、広場、街具等がある[3]

各種のモール[編集]

交通形態による分類[編集]

セミモール[編集]

セミモールとは、車道を残したまま歩道を整備して通行する車種や車両の速度を制限したモールをいう[4]

トランジットモール[編集]

トランジットモールとは、歩道と車道を整備し車道は公共交通機関のみ通行可能としたモールをいう[5]

ペデストリアンモール(フルモール)[編集]

ペデストリアンモール(フルモール)とは、車両の進入を禁じたモールをいう[5]

なお、日本語の「歩行者天国」も英語ではpedestrian [car-free] mall(ペデストリアンモール)[6]と訳される。ただし、ペデストリアンモール(フルモール)は日本では道路交通法上の「歩行者用道路」として実施される「歩行者天国」[7]のほか、道路法上の歩行者専用道路[8]として実施されることもありこれらは根拠法令や定義が異なる。

空間形態による分類[編集]

オープンモール[編集]

オープンモールとは、アーケードのないモールをいう[9]

セミクローズドモール[編集]

セミクローズドモールとは、道路の両端にアーケードまたは奥行きのある庇を設置したモールをいう[9]

エンクローズドモール[編集]

エンクローズドモールとは、屋根を設置したモールをいう[9]

西洋の都市[編集]

ヨーロッパ(特に地中海地方)の都市では広場を中心に、教会、集会場、市場等の主要施設が取り囲み、広場及び広場からつながる道路が歩行者空間として機能していた[1]

イギリス[編集]

イギリスレッチワース1903年に建設された田園都市であるが、交通安全対策としてクルドサック(袋小路道路)と呼ばれる手法がとられ歩車分離の先駆けとなった[1]

ドイツ[編集]

ドイツでは1960年代に歩行者空間の一種である歩行者ゾーンが多くの都市の中心部で整備された[10]。ドイツでは道路交通規制に関する行政命令(VWV-StVO)第41条第2項第5により、歩行者空間は歩道と同様に歩行者専用の空間として車両交通は例外的にしか認められない[10]

東洋の都市[編集]

中国や日本などの都市ではヨーロッパのような形での広場の発達はみられない[1]。日本では道路の交差する「辻」に関する言葉が多く残っており(辻商い、辻占い、辻売り、辻講釈、辻芝居、辻馬車など)、辻が多目的空間として機能していた[1]

日本[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 建築思潮研究所 『建築設計資料 (17) 歩行者空間』 建築資料研究社、1987年、7頁。
  2. ^ a b ズザンネ・エルファディング、卯月盛夫、浅野光行 『シェアする道路―ドイツの活力ある地域づくり戦略』 技報堂出版、2012年、21頁。
  3. ^ 建築思潮研究所 『建築設計資料 (17) 歩行者空間』 建築資料研究社、1987年、8頁。
  4. ^ a b c d 建築思潮研究所 『建築設計資料 (17) 歩行者空間』 建築資料研究社、1987年、20頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 建築思潮研究所 『建築設計資料 (17) 歩行者空間』 建築資料研究社、1987年、21頁。
  6. ^ 山口百々男 『英語で伝える日本の文化・観光・世界遺産』、2015年、45頁。
  7. ^ 自転車の安全利用について”. 愛知県警察本部. 2018年1月4日閲覧。
  8. ^ 歩くまちづくり分科会について”. 桜井市. 2018年1月4日閲覧。
  9. ^ a b c 建築思潮研究所 『建築設計資料 (17) 歩行者空間』 建築資料研究社、1987年、22頁。
  10. ^ a b ズザンネ・エルファディング、卯月盛夫、浅野光行 『シェアする道路―ドイツの活力ある地域づくり戦略』 技報堂出版、2012年、19頁。

関連項目[編集]