武黒一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武黒 一郎(たけくろ いちろう、1946年3月13日 - )は、日本の実業家。東京電力副社長を経て、現在国際原子力開発株式会社代表取締役社長

経歴[編集]

  • 東京都出身
  • 1969年5月 東京大学工学部舶用機械工学科卒業
  • 1969年6月 東京電力株式会社入社
  • 1987年7月 原子力発電部原子力発電課長
  • 1990年10月 ロンドン事務所(副部長待遇)
  • 1991年4月 ロンドン事務所副所長
  • 1994年7月 原子力研究所軽水炉研究室長 兼 主席研究員
  • 1996年7月 柏崎刈羽原子力建設所副所長
  • 1997年6月 原子力管理部長
  • 2000年6月 原子力計画部長
  • 2001年6月 取締役柏崎刈羽原子力発電所
  • 2004年6月 常務取締役原子力・立地本部副本部長 兼 技術開発本部副本部長
  • 2005年6月 常務取締役原子力・立地本部長
  • 2008年6月 取締役副社長原子力・立地本部長
  • 2010年6月 フェロー(副社長待遇。2012年3月末まで[1]
  • 2010年10月 国際原子力開発株式会社代表取締役社長[2][3]

人物[編集]

2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原発事故において、東京電力の代表として官邸にいて連絡役を務めた。この際メルトダウン事故を防ぐために海水投入を実行した当時の吉田昌郎所長に対し、電話で中止するように要請し、「おまえ、うるせえ。官邸が、もうグジグジ言ってんだよ」などの発言を行った[4]

原発事故後には旧経営陣の1人として業務上過失致死傷罪で告発されたが、東京地検により不起訴とされ、検察審査会が起訴を議決し、強制起訴された。

論文・著作[編集]

  • 「炉内構造物の保全対策」 (特集 原子力発電の安定運転と安全確保対策)、『エネルギー』 31(6), 24-27, 1998年6月、日工フォーラム社
  • 「電力の原子力比率50%の可能性に関する意見」、『エネルギー政策研究』, 特別号 (6), 16-19, 2009年6月 エネルギー政策研究所
  • 「まずはベトナムでの受注をめざす--武黒一郎・国際原子力開発社長が宣言」 ([時評]創刊50周年特別連載企画 核燃料サイクル元年 エネルギー国産への道(第11回)廃止措置--安全に解体撤去し、跡地を有効利用)、『時評』 52(11), 165-167, 2010年11月、時評社[5]

脚注[編集]