武藤完一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武藤 完一(むとう かんいち、1892年11月15日 - 1982年9月28日)は、日本の版画家

岐阜県岐阜市出身[1]川端画学校藤島武二に師事。大分師範学校教諭、大分大学教授として大分県の美術の発展に尽力すると共に、日本版画協会展、文展、日展、新日展に出品。1960年(昭和35年)には棟方志功永瀬義郎、武田由平らと「日版会」を創立した。1964年、光風会会員となる。

脚注[編集]

  1. ^ 西宮市大谷記念美術館 収蔵品データベース