武田専

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武田 専
(たけだ まこと)
生誕 武田 専
(たけだ まこと)
1923年生まれ
日本の旗 日本東京
死没 2013年6月10日(満90歳没)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神分析学
研究機関 慶應義塾大学医学部
出身校 早稲田大学政治経済学部
慶應義塾大学医学部
医学博士慶應義塾大学1959年
プロジェクト:人物伝

武田 専(たけだ まこと、1923年 - 2013年6月10日)は日本精神科医精神分析家医学博士[1][2]

日本における精神分析の黎明期に活躍した人物であり、古沢平作土居健郎西園昌久前田重治らと共に日本精神分析学会の設立に尽力した[3]。また境界例研究の先駆者としても知られる[2]

略歴[編集]

1923年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部中退後、1953年慶應義塾大学医学部卒業。1959年医学博士慶応義塾大学[2]。精神科医局勤務を経て、医療法人社団慶神会武田病院理事長[1]。株式会社大崎グループ代表取締役名誉会長。

学会[編集]

著書[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 武田専 『時を旅する —私の日本史探訪 古代・中世・近世の文化と思想』 慶応義塾大学出版会、2008年4月。ISBN 9784766414738
  2. ^ a b c 武田専. “所謂「境界線症例」Borderline caseに就いて : 特に精神分裂病と神経症との境界領域”. 国立国会図書館. 2013年9月16日閲覧。
  3. ^ 日本精神分析学会 - 会長挨拶 藤山直樹”. 日本精神分析学会. 2013年9月16日閲覧。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]