武康県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中国地名の変遷
建置 222年
使用状況 1958年廃止
三国永安県
西晋永康県
東晋十六国永康県
南北朝武康県
武康県
武康県
五代武康県
北宋/武康県
南宋/武康県
武康県
武康県
武康県
中華民国武康県
現代武康県
廃止(1958年)

武康県(ぶこう-けん)は中華人民共和国浙江省湖州市にかつて存在した県。現在の徳清県武康鎮に相当する。

歴史[編集]

三国時代222年黄武元年)、呉郡の下に永安県が設置される。266年宝鼎元年)には新設された呉興郡に移管された。西晋の支配下に入ると、280年太康元年)に永康県と改称、更に282年(太康3年)には武康県と改称された。

南朝は武康県を余杭郡に移管、隋朝が陳朝を滅ぼすと武康県は一旦廃止とされたが、602年仁寿2年)には余杭郡に再び武康県が設置された。

隋末唐初の混乱期には李子通の勢力範囲に置かれ武州と称されたが、621年武徳4年)、この地を勢力下に置いた唐朝624年(武徳7年)に湖州の下に武康県を再設置している。その後五代十国時代杭州宋代には湖州元代には湖州路清代には湖州府の管轄に置かれ現代まで沿襲されている。

1958年徳清県に編入され武康県の行政区画名は消滅した。


前の行政区画:
-
浙江省歴史的地名
222年 - 922年
次の行政区画:
徳清県