正風俳諧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

正風俳諧(しょうふうはいかい)とは、松尾芭蕉が大成した俳諧の概念をさすことばである。

もともとは、天文9年(1540年)の秋、荒木田守武俳諧式目の制定と同時に初めて名付けたことばである。しかし、俳諧という、自然と人生に基礎を置く民衆的な文学を、形式・内容共に純芸術と完成せしめたのは松尾芭蕉であり、芭蕉が主体たる蕉門俳諧は芭蕉自身諸国を行脚し、深く自然と人生に思いを秘め「正風」を弘めたことから、芭蕉の俳諧を指すことばとして用いられるようになり、蕉風俳諧とも書かれるようにもなった。

「正風俳諧は万葉集の心なり。されば貴となく賎となく味うべき道なり。」とは芭蕉不滅の名言である。

18世紀後半の天明期に、与謝蕪村は、あくまでも正風の真髄を護持しながらも、用語を広く自由に、近代的な感覚、即ち真実を踏まえての自然への感動と、生活への感動とを盛り上げ偉大なる「革新」を図った。

だが、20世紀初頭の明治期に至って、正岡子規をはじめとする、松瀬青々河東碧梧桐内藤鳴雪高浜虚子たちは新聞『日本』に拠って、新派ホトトギスなる結社をおこし、正風打倒を目標としたため、それ以後の俳句は、必ずしも正風を継承しているとはいえなくなっている。

「蕉風発祥之地」碑[編集]

「蕉風発祥之地」碑

愛知県名古屋市中区錦三丁目名古屋テレビ塔前には「蕉風発祥之地」碑が建立されている[1]貞享元年(1664年)、松尾芭蕉は名古屋城下で俳諧興行を行ったとされ、蕉風を確立したとされる『冬の日』に採録されている句はその時詠まれたものである[2]。「蕉風発祥之地」碑は、この俳諧興行の行われた地に建てられている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 松尾 芭蕉(まつおばしょう)”. 愛知エースネット. 愛知県総合教育センター. 2016年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月24日閲覧。
  2. ^ a b 愛知芸術文化センター愛知県図書館 (2008年3月31日). “蕉風発祥の地は、どのあたりになるのか。またその由来を知りたい。”. レファレンス協同データベース. 国立国会図書館. 2016年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月24日閲覧。

関連項目[編集]