冬の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

冬の日ふゆのひ)は、俳諧の撰集。山本荷兮編。1684年貞享元年)刊。俳諧七部集の一つ。

概要[編集]

1684年(貞享元年)11月、尾張国名古屋において、『野ざらし紀行』の旅行中の松尾芭蕉と尾張国の連衆(荷兮、岡田野水加藤重五坪井杜国、正平)によって興行された六吟歌仙五巻、および追加六句を収める[1]。荷兮を除いた連衆は素人同然であったとされる[1]。編者は荷兮だが、芭蕉の指導力は相当強かったと推測されている[1]

全巻を通して風狂の相を基調としており、前年の『虚栗』に見られた異体破調からの脱却を図り、安らかな句体へと移行しつつある[2]。後年の俳人によって蕉風開眼の書と位置づけられ、俳諧七部集の第一集に選定された[3]

梶井基次郎は芭蕉を敬慕しており、本句集名を採って『冬の日』を著した[4][5]。その表現は芭蕉精神の近代的表現と評される[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 岡本勝雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、314-315頁。 
  2. ^ 佐藤勝明編 『21世紀日本文学ガイドブック5 松尾芭蕉』 ひつじ書房、2011年10月、102頁。 
  3. ^ 佐藤勝明編 『21世紀日本文学ガイドブック5 松尾芭蕉』 ひつじ書房、2011年10月、102頁。 
  4. ^ 黒田征「梶井基次郎の「冬の日」論」『帯広大谷短期大学紀要』第12巻、帯広大谷短期大学、1975年、 23-34頁、 doi:10.20682/oojc.12.0_23
  5. ^ a b 遠藤誠治「梶井基次郎における芭蕉受容―「冬の日」を中心に―」『連歌俳諧研究』第55巻、俳文学会、1978年、 22-32頁、 doi:10.11180/haibun1951.1978.55_22

関連項目[編集]