歌川国峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

歌川 国峰(うたがわ くにみね、文久元年〈1861年〉 - 昭和18年〈1943年2月15日)とは、明治時代から昭和時代にかけての浮世絵師日本画家

来歴[編集]

二代目歌川国久の門人でその次男。母は国貞の娘お勝。本姓は勝田、名は銀之助。歌川の画姓を称し国峰(国峯)、梅蝶楼と号す。明治年間に主に単行本の挿絵を手がけ、『当世書生気質』の挿絵をしたことで知られる。1892年に居宅を葛餅の船橋屋に譲って大阪へ移住し、一時期京都大阪にいて大阪毎日新聞など新聞社の仕事をした。1897年1月、祖父3代豊国の三十三回忌を営む。1901年の第10回日本絵画協会展に「春野」という作品を出品、二等を受賞している。晩年は鎌倉に住み専ら肉筆画を描く。法名は豊山院彭壽國峯居士。享年83。

作品[編集]

  • 『夜討曽我狩場曙』挿絵 ※明治14年刊行。
  • 『真土村冠松木』挿絵 ※明治15年刊行。
  • 『本朝小西屋政談』挿絵口絵 ※明治17年刊行。
  • 『当世書生気質』挿絵 ※坪内逍遥作、明治18年刊行。
  • 『怪談牡丹灯籠』挿絵 ※三遊亭円朝作、明治18年刊行。
  • 『絵本通俗名誉奇談』挿絵 ※木戸鉊之介編、文求堂版、明治21年刊行。
  • 『雪竹伏水曙』口絵 ※宇田川文海作、明治26年刊行。駸々堂版。
  • 鶏の声」 木版 ※明治21年
  • 潮干狩図」 双幅、絹本着色 熊本県立美術館所蔵 ※「歌川國峰」の落款、「國峯」の朱文方印あり(二幅いずれも同じ)
  • 「弓矢持つ馬上の武士」 肉筆
  • 「寒山拾得図」 絹本着色
  • 「五節句図」 絹本着色

参考文献[編集]