橘家半蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
橘家たちばなや 半蔵はんぞう
.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}橘家(たちばなや) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}半蔵(はんぞう)
三ツ組橘は、橘家半蔵の定紋である。
本名 長田おさだ まもる
生年月日 (1954-12-01) 1954年12月1日(66歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県
師匠 八代目橘家圓蔵
名跡 1. 月の家かがみ
(1975年 - 1980年)
2. 月の家靖鏡
(1980年 - 1990年)
3. 橘家半蔵
(1990年 - )
出囃子 追っ掛け
活動期間 1975年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
受賞歴
国立演芸場・花形新人落語会金賞

橘家 半蔵(たちばなや はんぞう、1954年12月1日 - )は、落語家[1]落語協会所属の真打[1]。紋∶三ツ組橘。出囃子∶追っ掛け[1] 。本名∶長田 衛

来歴[編集]

静岡県駿東郡小山町出身[1]。小山町立北郷中学校、静岡県立沼津工業高校を卒業[2]

1975年5月、八代目橘家圓蔵に入門[1]、前座名は「かがみ」。

1980年2月に春風亭正朝林家錦平と共に二ツ目昇進、「靖鏡」と改名する[1]

1990年3月に林家しん平林家錦平古今亭菊丸とともに真打昇進、直木賞作家の半村良より一字貰い「橘家半蔵」と改名[1]した。

芸歴[編集]

人物[編集]

趣味∶歩きながらの読書、部屋の模様替え、など[1]

橘家竹蔵柳家さん枝橘家仲蔵橘家圓十郎池袋演芸場特選会で「一八落語会」を開催している。

メディア[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 橘家半蔵(芸人紹介・落語協会公式)”. 2019年1月8日閲覧。
  2. ^ 23年度「静岡ちゃっきり寄席」・出演者 (PDF)”. 財団法人静岡県文化財団 企画制作課. 2019年1月8日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]